マヤ暦

 古代マヤの人達が使っていたカレンダーは17~19種類あり

天体観測に優れ、自然と調和し非常に精密な暦を持っていた

そうです。ツォルキン表(神聖暦)は、13×20=260日を

1サイクルとしたカレンダーです。

 

『自然のリズムと共鳴し、心のリズムを整える』

マヤ人は時間の捉え方を「刻むもの」ではなく

「エネルギー(意識)」として捉えていました。

 

 1日1日流れるエネルギーは異なりその日その日に意味があります。

自分が望む人生の目的を生きるのに最もふさわしい日を選んで生れ

私達は誕生した日のエネルギーに大きく支配されています。 

私は何者であり、今回どんな貢献をするために生まれてきたのか

本来の自分の姿に戻ることですべてが解決されます。

 

 

マヤ暦セッション

se.jpg

 

 

ミラクルダイヤリー使い方講座

miraku.jpg

 

 333.jpg